0120-119-110

おかげさまで30周年

TOP QUALITY代理店

経済産業省日本健康会議で「健康経営優良法人2019」に認定されました。

ちょいのり保険

J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動

J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動

Facebook

おすすめコンテンツ

お客様をがんからお守りする運動

スタッフ紹介

21 TOWN

BCP提携

保険会社リンク

東京海上日動火災保険株式会社
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社

インフォメーション

お客様をがんからお守りする運動

OFFICE21からの情報 (2014年~2015年)

2015.12.29
乳がん早期発見、超音波活用探る マンモグラフィーと併用で効果の報告療
2015.12.11
がん社会を診る 通院で費用安い放射線治療
2015.12.11
小児がんなどに全額保険適用を 粒子線治療で学会見解
2015.12.07
放射線治療、著しい進歩
2015.12.01
神奈川がんセンター 重粒子線治療を開始
2015.12.01
重粒子線治療とは
2015.12.01
免疫力いかす放射線治療
2015.12.01
乳がん発見、自己診断55%
2015.11.24
放射線治療より高精度に
2015.11.17
がん原因遺伝子を解析、患者ごとに最適投薬 国立がん研究センター
2015.11.12
がん免疫療法薬とは
2015.11.12
膵臓がんの早期発見手法を開発 国立がんセンター
2015.11.02
唾液や尿でがん発見 東京医大など膵臓で臨床試験
2015.11.02
ガン会議に出席してきました
2015.11.02
がん社会を診る 検診、早期発見へ絶えず変化
2015.10.19
検診で死亡リスク低下
2015.10.09
がん社会を診る 乳がん、40代後半がピーク
2015.09.25
肺がん患者、特定たんぱく質の量で余命に差
2015.09.17
肝臓と肺がん、厳しい生存率 治療5年後を集計
2015.09.12
がん社会を診る 肉や卵もしっかり摂取
2015.09.12
悪性黒色腫の治療薬、再発卵巣がんに効果確認 京大が治験
2015.08.28
がん患者就労や在宅療養支援 厚労省が対策加速化プラン
2015.08.26
男性のがん、大腸が最多に
2015.07.30
がん最適治療法、人工知能で算出 -日本IBMと東大
2015.07.22
子宮頸がんの原因、ウイルス16%感染 国立保健医療科学院調査
2015.06.24
がん対策加速化プラン
2015.06.01
がん社会を診る 喫煙なくなれば患者2割減
2015.05.27
乳がんと大腸がんの血液による早期診断、15年夏に始動
2015.05.13
子宮体がんの腹腔鏡手術が保険適用に 体の負担少なく
2015.05.13
がん検診で「異常なし」の落とし穴
2015.05.13
人間ドック活用のコツ 病気の予防・早期発見 定期受診
2015.05.13
がん社会を診る 治療法選択は慎重に
2015.04.24
胃がん検診、X線と内視鏡で50歳以上に推奨
2015.04.21
がん社会を診る 臓器ごとに別の病気
2015.04.14
がん社会を診る 本能との闘いが必要
2015.04.08
がん社会を診る 正しい情報入手が大事
2015.04.01
がん社会を診る 現役世代で医療費首位
2015.03.25
ジョリーさんが卵巣摘出 遺伝子変異で予防措置
2015.03.25
がん社会を診る 子宮頸がん 予防も可能
2015.03.11
働く女性、検診しやすく
2015.03.03
がん社会を診る 告知は治療の第一歩
2015.02.26
子宮がん、頸部のみ除去 臨床研究進む
2015.02.20
脳腫瘍治療、ガンマナイフ進化 放射線を集中放射
2015.02.20
重粒子線、動く患部狙い撃ち 放医研
2015.02.13
手術支援ロボット、胃がんでも保険適用
2015.02.04
がん社会を診る 仕事と治療の両立重要
2015.01.26
がん社会を診る 身体は若々しくて・・・
2015.01.26
がんにリハビリの効用 治療による体力低下抑える
2014.12.29
身体と向き合う 排尿に異常きたす前立腺がん
2014.12.10
12年凍結した卵子で出産 がん克服の女性、高2当時に採取
2014.12.02
命を守るための検診
2014.11.26
がん社会を診る 大人への啓発が課題
2014.11.06
2人に1人はがん患者 生存率改善、課題は経済支援
2014.11.06
がん患者が働き続けられる社会に
2014.11.06
特効薬は定期的な検診
2014.10.28
労災型、今なお問題
2014.10.28
小児がん負けぬ姿みて 体験語り元患者交流の輪
2014.10.22
全国代表代理店会議
2014.10.22
石綿で増えた中皮腫
2014.10.09
がん社会を診る 予防の大切さを授業で
2014.10.01
がん社会を診る 子どものうちに教育を
2014.09.25
がん社会を診る 負のイメージが悪影響
2014.09.16
シミががん化も 見逃すな、皮膚からの警告
2014.09.16
がん社会を診る 正しく知り迷信と決別
2014.09.16
がん検診、受診しやすく 都内の女性、受診率低め
2014.09.09
「がん治療最前線」がん治療とお金のはなし
2014.09.03
がん情報入手、医師よりネットで がんセンター中央病院調査
2014.09.03
がん社会を診る 発症リスク下げるには
2014.08.25
がん社会を診る 身体動かす習慣を
2014.08.25
国立がんセンター、採血1回で13種のがん診断 企業と開発へ
2014.08.18
飽食時代の弊害
2014.08.18
がん患者、病院で就活 ハローワークと連携
2014.08.12
国立がん研究センターが7月、興味深い予測を発表しました。
2014.08.12
がん社会を診る 「膵臓」、早期発見難しく
2014.07.22
予防と検診のススメ
2014.07.15
がん社会を診る 魚を食べてリスク軽減
2014.07.08
がん社会を診る バランスよく食べ予防
2014.06.27
患者の目 職場復帰も半年で再発
2014.06.24
がん社会を診る「そこそこ飲める」危険
2014.06.17
がん社会を診る 百薬の長は1合まで
2014.06.10
がん社会を診る 細菌やウイルスも原因
2014.06.04
「混合診療」、15年度から拡大 新成長戦略に明記へ
2014.06.04
がん社会を診る 受動喫煙対策が急務
2014.05.30
がん患者、「仕事続けたい」8割 東京都調査
2014.05.27
たばこが最大の原因
2014.05.19
遺伝よりも生活習慣
2014.05.12
がん患者は現役世代も多い
2014.05.08
がん社会を診る 会社員で発症増える
2014.04.30
がん社会を診る 若い世代は女性に多い
2014.04.30
セカンドオピニオン
2014.04.23
がん社会を診る 急速な高齢化で増加
2014.04.23
セカンドオピニオン
2014.04.15
大腸がん、遺伝子解析で治験につなぐ
2014.04.15
がん社会を診る 一種の老化現象
2014.04.10
早期大腸がん、血液検査で発見
2014.04.01
セカンドオピニオン
2014.03.24
小児がんの3割占める 長期的ケア欠かせず
2014.03.18
陽子線治療センターが完成、北海道大と日立が共同開発
2014.02.26
働くがん患者32.5万人、厚労省初の推計 支援策検討へ
2014.02.24
抗がん剤、保険外の薬使いやすく 混合診療を拡大
2014.02.17
転ばぬ先のがん検診 受診率2~3割で低迷 自治体の案内、確認を
2014.02.03
がん細胞は進化する遺伝子解析、投薬治療に道
2014.01.30
iPS細胞でがん治療 京大発ベンチャー、実用化めざす

2013年度以前 >>

ページトップへ